藁をもすがる思いで鍼灸治療は受ける人はいます

肩こりも我慢できないですけど、腰痛はもっと我慢できません。
腰痛は酷くなると歩けなくなります。
歩くのが辛くなるので歩かなくなることが多いから結果として歩けなくなる可能性があります。
そんな事にならないためにも腰痛は早めに治療するのが大切です。
腰痛には急性と慢性があります。
急性でも慢性でも腰痛には痛みがあります。
慢性の腰痛は長年、腰の痛みに見舞われます。
急性の場合は”ぎっくり腰”などです。
急に痛くなる事です。
痛みは急性の方があるでしょうね。
慢性の腰痛でもものすごい痛みに襲われる事はあります。
我慢できない痛みは急性でも慢性でもありますが、慢性の腰痛の場合は慣れてしまう事も多いです。
慣れるとものすごい痛みなのに普通の痛みのように感じてしまいます。
歩けなくなる原因はいろいろあります。
事故が原因で歩けなくなることは多いです。
病気が原因の場合もあります。
その他にも歩けなくなる原因は様々あります。
藁をもすがる思いで病院に行く人は多いです。
鍼灸院へ行く時も藁をもすがる思いの人はたくさんいます。
身体の痛みは早く消したいから鍼灸院探しに情熱を注ぐ人は多いです。

歯医者の話で親しくなれることも

人と人とのつながりは、意外なところにあります。
たとえば、趣味のセミナーで隣り合わせた人と、何年か後に再会するケースです。
そのとき、どちらかが相手のことに気付く場合もあるでしょう。
また、そういった縁に触れて、お互いの距離感が近づく可能性もでてきます。
それとは別に、付かず離れずの関係でいた人と、ふとした会話から親しくなれる場合もあるかもしれませんね。
私の場合は、虫歯治療の話がきっかけでした。
相手の人とは音楽を通じての出会いでしたが、一定の距離を保ったままで、プライベートな話をすることがなかったのです。
しかし、私が歯医者嫌いの話をしたところ、その人の口から「実は自分も」という話が出たのです。
一連の会話のなかで、歯医者が苦手なのは、年齢や性別とは関係ないこともわかりました。
もちろん、身近な人のなかには、歯石除去のために積極的に歯医者を訪れる人もいます。
そのように、日頃からきちんとケアしていると、キレイな歯を保てるようです。
「歯」は大切な存在だけに、日頃からのケアをきちんとしたいものです。
身近な人とのエピソードを通じて、つくづく感じました。

エステサロンとネイルサロンのハシゴ

恥ずかしながら7年ぶりに彼氏ができましたー!
あんまり浮かれないようにしているつもりですが、ついつい浮かれてしまう馬鹿な女です(笑)。
それですでに何回もデートをしていますが、一応「恋人同士」になってからはじめてのデートなので今回はちょっと気合を入れて行こうと思います!
気合…と言っても、エステサロンとネイルサロンのハシゴをするくらいですが、ある意味かなり「私って美意識高め?」なんて錯覚隠してしまいそうです。
エステサロンに単発で行ったところで付け焼刃な感じも否めませんが、行かないよりはいいでしょうかね。
でも最近はエステサロンもネイルサロンも安くなったような気がしませんか?
前だったら高くて両方ハシゴで行くなんて無理だと思っていました。
脱毛はおととし位に全身脱毛をしたので、それはもうOKです!
意外と脱毛も金額的には安かった記憶がありますが、きっと今の方がもっともっと安くなってそうだと思います。
これからももっと通いやすいエステサロンやネイルサロンが増えればいいですけどね。
さて、あとは洋服をどうするかも考えて…、やっぱり浮かれてますね、私。

念には念を!確定申告を乗り越えるコツ

個人事業主などが確定申告するとき、保険料払込証明書のように「原本」の添付が必要な場合がでてきます。
そんなときは、コピーして残しておくと安心です。
また、翌年の控除額を計算するために、計算した跡を残すことも考えましょう。
「所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き」のなかには「生命保険料控除」などの「計算欄」があり、翌年の確定申告時に役立つこともあります。
そのため、古い手引き書を手放すときは、翌年の確定申告書類の作成が終わるまで待ったほうがよいでしょう。
もちろん、確定申告済の書類は、A4ファイルなどに綴っておくことが大切です。
また、郵送で確定申告するときは、税務署の受付印をもらうために確定申告書Bや青色申告決算書などの「控用」を同封しましょう。
そのとき、切手を貼った返信用の封筒(定型サイズで可能)が必要です。
ただし、書類が三つ折りで帰ってくるため、確定申告書B(控用)は二枚複写の二枚目という関係上、折り目部分に記入のある内容が見えにくくなります。
それに対応するためには、確定申告書類を送る前にコピーしておくとよいかもしれませんね。(あくまでも個人の意見です)
なお、税務署宛の封筒はA4サイズ対応のものを使い、封筒に入れる前には、書類を保護するためにクリアファイルとビニール袋で包むと安心ですよね。

車検の費用だってバカにならないのになぁ…

我が家は小遣い制なのだけど、月に3万円だったのが1万5千円になってしまいました。
私は一応課長なので、部下に奢る機会が多いんです。
課長っていうのは部下に一番近い立場の上司なので、お昼を一緒に行く機会も多いしそんな時は私が出さないとっていう空気があります。
それなのに、1万5千円っていうのは鬼過ぎると思います。
車検や車の保険代なども私が出しているんですが、今までは3万円を上手く残して貯めていた分でどうにかなりました。
でも、1万5千円では絶対に無理です。

妻は車検くらいどうにかなるでしょと言うけど、車検の費用は全然安くないですよね。
前回も10万円ほどしたし、今回はもっと高いと思います。
正直、払える自信がありません。
どこか車検の安いところを探すしかないですね。
友人が車検頼んでいるところはかなり安いと言っていたので聞いてみようと思います。
それか、妻に交渉してせめて2万5千円、いや2万円にしてもらうか…
妻はパートで働いているけど、その給料は全部好きに使っているというのに。
なんで、自分で稼いだお金なのにこんな思いしなくてはいけないのか、本当に理不尽です。

整体院での治療に健康保険を使うために

皆さんは整体院に通ったことがあるでしょうか?
整体院という言葉の定義に関しても、かなり意見が異なることもありますが、似たような言葉に接骨院や整骨院というものもあります。
これは国家資格を有している柔道整復師などが行っているものであり、国家資格を有してなくても開業できる整体院とは異なっています。

しかし厚労省は、こうした整骨院や接骨院に関しても、保険医療機関として認めてはいないという実情があります。
つまり整骨院や接骨院は、病院とは異なっているということです。
ですから国家資格を有している方がいるところであっても、健康保険が自動的に適用になるというわけではありません。
こうしたことを考えてみると、整体院はなおさら健康保険が適用にならないのではないかと感じるでしょう。

実はそのとおりであり、基本的に整体院では健康保険は適用にはなりません。
ですから治療費は全額自己負担ということになります。
例外的な事例として、通っている病院の医師が診断書や同意書を書いてくれて、整体院に通うということであれば、健康保険が適用になるということです。
つまり医師が必要であると認めた場合のみという制限があります。

DVDプレスを頼むなら納得できる会社を選びたい!

最近、映画が好きで週に一回レンタルが安くなる日にまとめて借りて観ています。
有料チャンネルに加入した方がお得なんじゃないかな?と最近検討してるんです。
有料チャンネルの番組って録画することできるのかな?
できるのなら、DVDにして永久保存版にできますもんね。

友達で映画好きな子がいるんだけど、その子はかなりの凝り性なんですよね。
お気に入りの映画のDVDーRのコピーを家ではなくて専門の業者に頼んだりしてるそうなんです。

うちの旦那が会社の仕事で以前DVDの大量プレスをある会社に頼んだことがあったんです。
以前にも同じような仕事でDVDのプレスを頼んだけど、その会社があんまりよくなかったみたいなんですよね。
出来上ったDVDの品質が悪かったそうで、クライアントからクレームがあったとかで大変だったみたい。
だから、旦那はその仕事任された時に絶対に失敗できないって会社を探しまくったみたい。
その結果、高品質で納品も早くてしかもコストも良い会社を見つけたみたいですね。

その会社、個人のDVD-Rのコピーとかやってもらえるのかなぁ?
私もお気に入りの映画は綺麗な映像で残したいなぁ!

旦那の口からダンディズムなんて言葉が出るとは!(笑)

うちの旦那は付き合ってる頃は、結構シュッとしていたんだけど、結婚してから?どんどん太っていきました。
ダイエットしろって言っても全然聞かなかったんだけど、でも健康診断の結果を見てとうとう痩せる気になったようです。

元々、有言実行の人なのでダイエットはとことんやって、半年で8キロの減量に成功しました。
私、なかなか3キロが痩せないのに、旦那のことダイエット師匠って呼ばせてもらわないと…

痩せてから、なんか服にこだわりだして、まぁ独身時代はそこそこオシャレだったしね。
でも、その方向がすっごくダンディな感じなんです。
なんでも、ダンコレというオーダーメイドの服にハマっているようです。

やっぱり、男はダンディズムを追求しないと、なんて言って結構渋いジャケットとかスーツとか作ってるんです。
でも、さすがオーダーメイドだけあって旦那にぴったりだし、結構似合っています。
まぁ、旦那のお小遣いで作ってるから、ダンコレだろうがユニクロだろうがいいんですけどね!
でもとにかく、痩せられたのは健康のために本当に良かったです。

色をないがしろにできないのも確定申告?!

確定申告の中身ではなく、名前が気になってしまったことがあります。
というのも、カラーネームなだけに、すごく疑問をもってしまったからです。
普通は内容とネーミングがくっつくように思うので、カラーで示す意味が読めなかったのもあります。

まあ言葉としては短くてすみますが、カラーネームだと好きな色を選びたくなります。
しかし、確定申告って、好きな色を選んでするものでないことはあたりまえのようにわかるものです。
ただ、好きな色となったとしても、カラーじたいは多くないところにも疑問ができます。

とはいえ、とにかく大事な確定申告のために「大事に考えられたカラー」だといえそうです。
確定申告を考えると頭痛もしそうですが、まずはカラーで確定申告をみるのも悪くありません。
だいたい書類というと白なので、ちょっと色つきだと嬉しくなる感覚とでもいえましょうか。

そう、私もこれで確定申告を調べるスイッチが押されてしまったというのもあります。
また、色から始まる確定申告には頭を悩ますこともないというのがいいところなのではないでしょうか。
色だけなら計算をしなければならないということもありませんし、ビギナーのビギナーからの視点だけでいいです。

弁護士費用が案外高くない!!

以前から金遣いの荒かった彼氏がとうとう債務整理をするって言うんでめっちゃ落ち込みました。
債務整理って言ったら自己破産じゃん!って思ってたけど、そうではないそうです。
任意整理っていう、無理なく返済していけるようにするシステムなんだって。

だから家財の差し押さえとか、そういうの無いしこれまでと同じように生活していけるみたい。
結婚も考えてたからちょっと安心しました!

だけど、その任意整理ってのを弁護士に依頼するそうで、その費用って高いんじゃないの?
何十万とか百万とかかかってしまうのなら本末転倒!って思ってたけどそんなことないようです。

弁護士費用って高いイメージがあるし、お金持ちが弁護士を使って事件をもみ消すイメージありあり。
だけど、実際には弁護士ってのは弱者の味方だから儲け主義じゃない弁護士を選べばリーズナブルみたい。

彼氏は相談してる弁護士さんがめちゃいい人みたいで「俺、弁護士目指そうかな」なんて言ってます。
弁護士目指す前に貯金して、もう借金しないで!ってお願いしました(笑)
悪い人じゃないんだけど、ちょっと頭と意志が弱いんだよなぁ~